業種ごとのアルバイト詳細情報

原動機付自転車免許の取り方

原動機付自転車とは

ピザやカレーなどを注文するとデリバリーのスタッフが届けてくれますよね。そのときに彼らが乗っているのがたいてい原動機付自転車です。自転車という名前がついていますが、一般の感覚ですと自転車ではなくバイクの一種と捉えている人が多いでしょう。原動機付自転車は通称、原付(げんつき)と呼ばれています(原チャリ、スクーターと呼ぶ人もいます)。
道路交通法と道路運送車両法では定義が多少異なるようですが、一般的な原動機付自転車の定義としては、125cc以下のすべてのバイクのことを指します。また原動機付自転車免許には第一種(50cc以下)と第二種(51cc以上125cc以下)の二種類に分かれています。デリバリーで必要な免許は多くの場合、「第一種」になりますので、ここでは「第一種原動機付自転車免許」について説明します。

 

原付免許があると有利なアルバイト

普通自動車免許を取得すると原付も運転できますが、自動車免許を持っていない人でも、後述する方法で原付免許を取得できます。取得にかかる日数は1日で、費用は1万円以内なので、デリバリーなどのアルバイトを考えている人は取得することをお勧めします。

原付バイクを使ったお勧めのアルバイトをさらに探す!!!

 

受験資格

年齢:16歳以上
費用:およそ8,000円以下
日数:1日
その他:視力が両眼で0.5以上であること又は一眼が見えない者については他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上であること。

*過去に取消処分等(初心取消を除く)を受けた方は、受験前1年以内に取消処分者講習を受講し、かつ、欠格期間経過後でなければ受験できません。

 

受験場所

各都道府県の運転免許センター及び試験場。

東京都の場合は以下の2カ所
 府中運転免許試験場
 鮫洲運転免許試験場

他の地域の運転免許センターはコチラ

 

試験内容

試験は学科試験と適性試験があります。また合格者は講習を受ける必要があります。

  • 適性検査(視力テスト、色判別テスト)
  • 学科試験(マークシート+イラスト計48問)
  • 試験時間は30分です。学科試験問題は文章問題が46問、イラスト問題が2問出題され、配点は、文章問題が1問1点、イラスト問題が1問2点です。

     

    受験日(東京都の場合)

    平日のみ

    *平日とは月曜日から金曜日までのことで、祝日、休日、年末年始を除きます。なお、年末年始は12月29日から1月3日までです

     

    受付時間(東京都の場合)

    学科試験を受ける方
    〈午前〉
    適性試験受付:午前8時30分~午前9時05分まで
    学科試験受付:午前8時30分~午前9時15分まで
    〈午後〉
    適性試験受付:午前9時30分~午前11時30分まで
    学科試験受付:午前9時30分~午前11時40分まで

    *神奈川県は午前のみなど、各都道府県によって受付時間や試験回数は異なりますので、必ずお住まいの都道府県のページをご確認ください

     

    試験当日に必要な物

    • 運転免許申請書(試験場に置いてあります)
    • 受験票(試験場に置いてあります)
    • 住民票1通(発行後6ヶ月以内、本籍記載のもの。コピーは不可)
    • 現在、他の運転免許証を保持している方は、その免許証
    • 本人を確認できる書類
        健康保険証
        マイナンバーカード(個人番号カード)
        住民基本台帳カード
        旅券(パスポート)
        学生証など
    • 筆記用具(HB以上の鉛筆、ボールペン、消しゴム等)
    • 顔写真(撮影後6ヶ月以内でタテ30mmヨコ24mmのもの)試験場でも撮影可
    • メガネやコンタクトレンズ(視力矯正が必要な人の場合)
    • 受験費用

     

    試験のときの服装

    合格者は技能講習があるので運動靴着用(ハイヒールやサンダルは不可)。
    ヘルメットは基本、無料で貸し出ししてもらえる。めがね使用の方はめがね持参。

     

    受験の費用

    試験料:1,500円
    交付手数料:2,050円(合格者のみ)
    講習料:4,200円(合格者のみ)
    合計:7,750円

    *料金は各都道府県によって多少異なる場合がありますので、事前にお住まいの運転免許センターや警察署のページをご確認ください

     

    その他

    合格すると即日に免許証が発行されます。
    原付講習を受講しなければ、運転免許証は交付されません。
    学科試験の前に原付講習を指定の自動車学校などで受験しないといけない地域もあります。