業種ごとのアルバイト詳細情報

バイトへの通勤中やバイト中にケガをした場合

通勤中・勤務中にケガをしてしまったら

アルバイトへ向かう途中に事故に遭ってしまった、またはアルバイト中にケガをしてしまったという場合があります。どちらも起きないことが一番いいのですが、どんなに注意していても起きてしまう可能性はありますね。万が一、事故に遭ったりケガをしたりしたときは病院で自分の保険証は使わずに、「アルバイト中(アルバイトに向かう途中)の怪我なので、労災保険でお願いします」と言いましょう。労災保険指定医療機関であれば原則、無料で治療を受けられます。その他の医療機関の場合はいったんお金を支払い、後で申請書類などを提出すれば治療費が戻ってきます。また通院のための交通費も一定の条件を満たせば全額支払われます。

 

労災保険

労災保険とは「労働者災害補償保険法(労災保険法)」に基づいて、労働者(アルバイトも含みます)が仕事中や通勤中にケガや病気をした場合、障害が残った場合、死亡した場合などに、被災した労働者または遺族に対して所定の保険金が給付される制度です。労働者(アルバイト)が保険料を支払う必要はありません。保険料(労災保険料)はアルバイト先の会社や雇用主が負担します。

労働災害

アルバイト中のケガは労働災害にあたります。例え自分の不注意で起きた事故でも仕事が原因であれば労働災害として認められます。ただし、指示された業務と関係ないことが原因で起きたケガなどは労働災害として認められないこともあります。

通勤災害

アルバイトへ向かう途中や自宅に帰る途中で起きた事故は通勤災害になります。交通費の記事でも書きましたが、通常の通勤経路の事故でしたら通勤災害ですが、通常のルートを外れて私的な用事があった場合は通勤災害として認められないことがあります。

 

手続き方法

治療を受けた病院によって手続きが若干異なります。請求書記入例はコチラを参照。

労災保険指定医療機関で治療を受けた場合

指定された請求書用紙に「自分」「雇用主(アルバイト先)」の情報を記入して指定医療機関に提出

それ以外の病院で治療を受けた場合

指定された請求書用紙に「自分」「医師」「雇用主(アルバイト先)」の情報を記入して労働基準監督署へ提出。なおこの場合は治療費をいったん立て替えているので、自分の振込口座なども請求書用紙に記入する

[pdf-embedder url=”https://baitosagasu.com/baitonews/wp-content/uploads/2017/12/労災保険.pdf”]
請求(申請)のできる保険給付等 引用:厚生労働省・都道府県労働局・労働基準監督署

 
ケガがないことが一番ですが、こういったことを頭に入れておくと万が一のときに適切な判断ができます。自分でも色々と調べてみてください。