業種ごとのアルバイト詳細情報

家庭教師

業務内容

昔から大学生の時給が良いアルバイトといえば、家庭教師でした。最近では大学生だけでなく社会人の人でも副業で家庭教師をしている人も増えましたね。家庭教師とは、基本的には生徒のご自宅にお伺いして、1対1で勉強を教えます。教えられる側が大人の場合はカフェなどで教える場合もありますね。英会話の家庭教師(レッスン)はよくカフェで見かけますね。教える対象者としては、幼稚園、小学生、中学生、高校生、そして大人と幅が広いですね。家庭教師には大きく分けて「受験指導」と「学校の学習指導」と「趣味・専門指導」の3つに分かれますが、「受験指導」の場合、自分自身も身をもって経験している人はその苦労を知っているので、予習などを欠かさず上手く教えられる傾向にあります。特に最近の中学受験のレベルはとても高いので、仮に有名大学を卒業していても、すぐには教えられない問題もたくさんあります。「趣味・専門」分野を教えてもらいたい人は大人の生徒が多いので、教える側も大人でかつその分野の知識が豊富であることは必須です。

家庭教師のアルバイトを探すには大きく分けて以下の2つです。

  • 家庭教師紹介会社に登録して、生徒を紹介してもらう
  • 知り合い、人づて、ネットなどを通じて個人で探す

 

家庭教師紹介会社に登録して、生徒を紹介してもらう場合
家庭教師紹介会社のコマーシャルもTVで流れていますね。これだけ露出が高いと当然、どんどん生徒も集まってきます。アルバイトを探す側としては「生徒をすぐに紹介してもらいやすい」というメリットがあります。すぐに家庭教師のアルバイトをしたい人にとっては強いメリットですね。また家庭教師を続けていると生徒さんやそのご家族とトラブルになる場合がたまにあります。例えば成績が思ったより上がらない、教え方が悪いなど。そういったときに紹介会社が間に入っていると、トラブルが解決しやすいです。細かい話になりますが、紹介会社経由の家庭教師の場合、交通費がでるパターンが多いです。ただし交通費は紹介会社は介入せずに保護者と家庭教師で相談してくださいという会社が多いです。

こういったメリットがある一方、デメリットとしては、生徒の保護者が支払っている金額から紹介会社が自分たちの取り分を毎回引くので、アルバイトの手取りは少なくなってしまいます。紹介会社はアルバイトに渡す時給の倍以上の手数料を取っているところもあるようです。また授業後にその日に教えた内容、生徒の理解度などの報告をネット経由で毎回提出しないといけないケースもあり、それが実は結構面倒で時間がかかります。会社によってはさらに月次の報告書も必要な場合もあります。
 
知り合い、人づて、ネットなどを通じて個人で探す場合
紹介会社経由でアルバイトをするときと反対のメリット・デメリットになります。交渉が必要な場合もありますが、時給が紹介会社経由よりも当然高くなります。紹介会社経由の倍にはならないかもしれませんが、1.5倍ぐらいにはなると思います。ただし、トラブルなどは自分で対処しないといけませんし、次の家庭教師先も自分で探さないとだめです。デメリットだけを見ると後ろ向きになりがちですが、保護者も支払う金額は紹介会社経由よりも安くなり、それでいて教える側も時給が高いのは大きな魅力です。一生懸命教えて、生徒の成績が伸び実績がでれば、近所の別の生徒を紹介してもらえるケースもよくあります。

 

時給の目安

  • 高い地域:
  • 1,500円〜3,500円

  • 低い地域:
  • 1,000円〜2,000円

 

各要素パラメーター

年齢層
 若者 年配者
時給
 安い  高い
デスクワーク・身体を動かす
デスク 動かす
短期・長期
 短期  長期
採用の難易度
易しい 難しい
お客様との対話
少ない  多い
アルバイトのスケジュール
 自由  固定

*バイト先によって当然、異なります。あくまで参考値としてご覧ください。
詳しくは募集要項をご確認ください
 

採用されやすい人

  • 受験を経験している人
  • 教えるのが上手い人
  • 過去に教え子を合格させた経験がある人
  • 生徒中心の考えができる人

 

家庭教師紹介会社一覧(一部)

KATEKYO学院
アズネット
アップル
サクシード
プロ家庭教師のDIC学園
ノーバス
ファミリー
ふくろう博士の日本家庭教師センター学院
プレステージ
家庭教師のASKONE
家庭教師のあすなろ
家庭教師のトライ
東京家庭教師協会
家庭教師・個別指導塾の合格王
学研の家庭教師
学参
学生家庭教師会
総合進学セミナー
中学受験家庭教師ドクター
東大蛍雪会
東大家庭教師友の会
名門会