業種ごとのアルバイト詳細情報

高校生アルバイト許可証

高校生アルバイト特集

高校生アルバイト許可証とは

高校生がアルバイトをする際にほぼ必須なのがアルバイト許可証になります。通常は自分が通っている学校が発行してくれます。学校の許可と保護者のサイン欄などがあります。大学生になると不要なのに高校生だけ必要なのは不公平に感じるかもしれませんね。実は18歳未満の高校生は「年少者」とされており、年少者の労働(アルバイト)は、労働基準法をはじめとする法律によって様々な制限や規則が決められています。18歳未満の深夜勤務はNGなど、働ける時間帯なども決められています。このことは別の記事で詳しく解説しますね。
また採用する側(実際にアルバイトをする勤務先)にとって、仮に勤務中に怪我をしたり、アルバイトへ向かう途中に事故に巻き込まれたとき、この許可証があることによって、他のアルバイトと同じ扱いができて安心できます。

高校生アルバイト特集

 

アルバイト許可証の取得方法

学校によってはアルバイト禁止の学校もあります。その場合は当然、アルバイトをすること自体禁止になります。学校と保護者の許可があればアルバイトがOKになる場合は通常、以下のどちらかになります。

  • 学校が用意しているアルバイト許可証の用紙を利用する
  • アルバイト先がアルバイト許可証を用意している

 

学校が用意しているアルバイト許可証の用紙を利用する

  • アルバイト先の名前
  • アルバイト先の業種名
  • アルバイト先の住所や電話番号
  • アルバイトをする頻度(曜日や時間)
  • アルバイトをする理由
  • 保護者の同意サインや印

などを記載して学校に提出します。

 

アルバイト先がアルバイト許可証を用意している

  • 学校名
  • 学校の同意印
  • 保護者の同意サインや印

通常は学校が用意しているアルバイト許可証を求めるアルバイト先がほとんどですが、ごく稀に大手企業や半官半民企業が大量にアルバイトを募集する際には、自社で用意した書類にサインを求めるケースもあります。
高校生アルバイト特集

 

年齢や校則違反がバレた場合

原則アルバイト禁止の学校(私立高校)が多いことは事実です。また禁止にも関わらず学校に内緒(許可証を未提出)でアルバイトをしている人がいるのも事実です。小さなアルバイト先の場合は、面接の時に口頭で「学校や保護者の許可は得ているんだよね?それならOKです」のような軽い感じで採用するところも実際はあるようです。

ただ、何か事故があったりトラブルがあった場合に会社と高校生ではきちんとした話し合いができずに、さらにトラブルが大きくなる可能性があります(特に賃金の不払いなど)。また学校によっては校則違反として厳重注意や一定期間の停学処分になるところもあります。高校入学後に家庭環境の変化により、アルバイトをする必要性に迫られた場合は、まず学校や先生に相談しましょう。一定のルールや基準を設けて特別にOKを出してくれる学校もあります。

年齢をごまかす(年齢詐称)場合はかなりおおごとになります。おおごとになるのはアルバイト先の会社の方です。18歳未満の年少者の労働には色々と制限があり、その法律を破って働かせていたのがバレると罰金や、最悪の場合は懲役刑の可能性もあります。このため、アルバイト先は学生証や住民票などの身分証明書の提示を求めるのです。

学校や保護者の許可などは少し面倒な手続きかもしれませんが、万が一ブラックアルバイトのようなトラブルに巻き込まれたときに、最初に相談して許可をもらっていれば相談しやすいはずです。内緒でアルバイトをしていると誰にも相談ができずに泣き寝入りの可能性が高まります。
高校生アルバイト特集

 

アルバイト許可証

アルバイト許可証サンプル