業種ごとのアルバイト詳細情報

フォークリフトを使ったアルバイト

フォークリフトとは

ドラマや映画の工場や倉庫のシーンで出てくるフォークリフト、誰もが一度は見たことがありますよね。ただ乗ったことがある人は少ないと思います。フォークリフトには免許(正確には資格)が必要なので、免許を保持していない人が動かすことは禁止されています。フォークリフトは文字通り、食事の時に使うあのフォーク(fork)のようなアームで重いものを上げ(lift)て運ぶことからフォークリフト(forklift)という名前がついたのでしょう。手では持ち上げられない重い物も軽々とフォークリフトが持ち上げ、離れた場所まで簡単に運んでくれます。工場や倉庫には不可欠な機械の一つですね。ECサイトや海外からの物品の購入が以前よりも増えたため、フォークリフトを使った仕事のニーズは増えています。

 

免許(資格)

フォークリフトの免許(資格)は18歳以上から取得できます。普通自動車などの運転免許がある場合は、取得の際に一部の学科が免除されるメリットがあります。
フォークリフト免許(資格)の正式名称は「フォークリフト技能講習修了証」といいます。履歴書に書く場合は、「2018年○月 フォークリフト運転技能講習修了」もしくは「フォークリフト運転技能講習修了証取得」のように記載してください。

フォークリフト免許(資格)は以下の2つに分かれます。最大積載荷重の違いで分かれています。
 

フォークリフト運転特別教育

 →最大荷重1t未満のフォークリフトを運転できる

フォークリフト運転技能講習

 →最大荷重1t以上のフォークリフトを運転できる

 

フォークリフト免許を取得するには

フォークリフト免許を取得するには、通常の運転免許と同じように教習所に通って取得します。「フォークリフト運転特別教育」と「フォークリフト運転技能講習」とで取得のハードルが異なります。「特別」とついていますが、特別教育の方が技能講習よりも易しくなっています。

フォークリフト運転特別教育

最大荷重1トン未満の小型のフォークリフトを運転するには、「特別教育」もしくは「技能講習」を受講することが義務付けられています。受講できる場所は「都道府県労働局長登録教習機関」または「企業等の各事業所」です。

フォークリフト運転技能講習

最大荷重1トン以上のフォークリフトを運転するには、「技能講習」の終了が義務付けられています。1トン未満の場合に比べ、取得にかかる時間が長くなります。アルバイトや仕事でフォークリフトを操縦する際はこの「技能講習」の終了が求められるため、仕事のための資格としてフォークリフト免許を取得したい場合はこちらの技能講習がお勧めです。受講できる場所は「都道府県労働局長登録教習機関」です。

技能講習修了証明書サンプル

画像引用:厚生労働省

 

取得にかかる費用や日数は

自動車のように数十万円という費用がかかり、日数も1ヶ月以上というほど大変ではありません。教習機関や、現在の保持している免許や資格によって多少異なりますが、通常、費用は平均5万円以下、日数は2〜4日間で取得できます。仕事の免許というサイトが紹介している教習機関の一部を抜粋しました。

フォークリフトの免許取得の教習所

画像引用:仕事の免許

詳しくはコチラ

勤務先によっては仕事をしながら免許取得を支援してくれる勤務先があります。未経験でも大歓迎の案件も多いので、ぜひ以下のサイトで色々と探してみましょう。

 

フォークリフトの業務の時給

アルバイトで一番気になるのは時給ですよね。アルバイトをする地域によって異なりますが、時給は1100円〜1500円前後と高めの設定です。免許が必要なので、誰でもできる訳ではなく少し高めの時給設定ですね。また別手当を出してくれる職場もあります。免許を取得するのに少しお金がかかりますが、高めの時給ならばすぐにその費用は回収できますね。

フォークリフトを使ったアルバイトを探すなら以下のサイトがお勧めです!!

 

フォークリフトで公道を走行できる!(小ネタ)

フォークリフトは国道などの公道を走行することができます(もちろん免許証を携帯していることが前提です)。公道を走るには当然ながらナンバープレートがついている必要があります。フォークリフトで近くのコンビニまで買い物に行ったら目立つでしょうね。ただし荷物を搭載しながらの走行は認められていません。