業種ごとのアルバイト詳細情報

焼肉屋

焼肉屋のアルバイトを探すなら

業務内容

仕事内容

焼肉屋の仕事内容は大きく分けると2種類あります。

  • 接客(ホール)
  • ホールスタッフは、来店されたお客様を席にご案内し、注意事項を説明して、注文を取り、料理や飲み物を席に運びます。合間に空いた皿を下げたり、灰皿や網を交換したりします。お客様が退店する際はレジで会計を行い、テーブルをきれいに片付けます。予約されるお客様などの電話の応対も行います。デザートやドリンクなどはホールスタッフが用意するという店舗もあります。
    七輪の穴の掃除や網交換などは焼肉屋ならではの作業と言えるでしょう。使い終わった七輪の穴は脂でギトギトに汚れているので、バケツ、へら、雑巾および専用洗剤を使って掃除します。また、テーブルは油で汚れていることが多いので、その清掃も入念に行います。
    お客様からメニューについて詳しく聞かれることがあるため、肉の種類や部位などの知識を身につけた方がよいでしょう。少し高級な焼肉屋では肉の産地について聞かれる場合もあります。

  • 調理(キッチン)
  • キッチンスタッフは、開店前に材料の仕込みを行い、開店後はお肉の調理および盛り付け、サラダやサイドメニューの調理、調理器具の洗浄を行います。
    キッチンでは肉、サイドメニュー、サラダなどの各ポジションにスタッフを分けて作業します。最初はサラダ系を担当して一通り覚えたら次のポジション、というように順次内容を覚えていきます。手順はほとんどマニュアル化されているので、未経験者でも特に問題はありません。
    肉のポジションでは冷たい半解凍のかたまり肉をスライスしてお皿に並べます。慣れてきたら肉を見ただけでカルビ、ハラミなどの区別が付くようにしておくと、キッチンが忙しいときに役立つでしょう。
    焼肉屋は油汚れが多いので洗い物は手間がかかります。油や網にこびりついた汚れは、熱湯と強力な洗剤を使用して洗う必要があるため、手が荒れやすい人は気をつける必要があります。

 
勤務時間は店舗の開店時間に合わせたシフト制が多く、9時~13時、10時~17時、17時~閉店まで、のようになります。22時以降は深夜手当が付くので25%増しですが、焼肉屋は遅くても23時ぐらいまでには閉店するので深夜手当の恩恵はあまり受けられません。夕方から閉店までは大学生がシフトに入ることが多いようです。土日や祝日は混雑するため、出勤することが求められます。

 

注意点

焼肉屋のバイトでキツイのはニオイです。働いている最中は気になりませんが、働いた後には自分の髪、体、衣服に焼肉のニオイが付いています。制服があるところでも、その制服を通り越してニオイが下着に付くほどなので、バイトがある日は念入りに髪や体を洗うそうです。ニオイが気になる人は、バイト後にデートなどの予定を入れなかったり、予定がある場合も自宅でお風呂に入ってから出かけるようです。ある大手の焼肉屋チェーンでは無煙ロースターを使用しているので、あまりニオイの心配はないかもしれません。

焼肉屋には火を炭から起こして、炭火で焼いて食べるというシステムのお店があります。提供する側はとても暑い炭場で炭を並べて火を起こしてから、七輪に入れて客席まで持って行くので常に熱風がつきまといます。お客様のテーブルで炭が減ってきたら、また炭を追加しに行くという作業もあります。炭入りの七輪は重くて火傷の危険もあるので運ぶときは注意が必要です。

土日祝日などの食事時は非常に忙しく、トレイ一杯の料理を運んでもすぐにそのトレイが料理で埋まるほどです。焼肉屋は食べ放題のお店も多いので注文の数が多く、1テーブルでのお皿の数も大量になるため片付けるのも時間がかかります。キッチンでも各ポジションの料理を手早く提供していかないと、注文がどんどんたまってしまいます。注文がたまりすぎるとオーダーストップという最悪の事態になります(これを「崩壊」と呼ぶそうです)。このような事態を防ぐため、例えばサイドメニューでは、時間のかかる揚げ物を用意しながらビビンバやスープを作る、などのような工夫が必要です。

焼肉屋はお酒も提供するため、酔ったりふざけたりするお客様や、料理の提供が遅いことにクレームを付けるお客様への対応もあります。また、子どもを連れた家族連れが多く、子どもへの配慮を過剰に求める親御さんや、ホールをうろうろしているため、料理を持ったスタッフとぶつかりそうになるお子さんも見受けられます。忙しいときはこのようなお客様への対応でパニックになるかもしれませんが、先輩スタッフに相談するなどして落ち着いて対処しましょう。そのような場を重ねれば冷静に対応できるようになり、自分の接客能力も向上します。

 

働くメリット

焼肉屋の時給は最低賃金よりも高めに設定されているため、短時間で効率よく稼ぎたいという人に向いています。

焼肉屋のバイトは若い学生などの男女が多く、自然に仲が良くなります。22時か23時までには閉店するので、閉店後のお店でみんなでご飯を食べたり、別の店舗に食事しに行ったりと、人間関係が良好な場合が多いようです。

賄いがおいしく、無料または格安で提供されるので食事代を節約できます。ある店舗では一食200円で、自分の好きなように具材をのせて大盛りの焼肉丼を食べられるそうです。食べ盛りの男子学生にはうれしい特権ですね。

勤務先の焼肉屋の割引券がもらえたり、チェーン店の場合は他のグループ店の割引券をもらえたりします。時には20%オフになる割引券もあるそうなので、食費を節約したい人は助かりますね。

 

焼肉屋のアルバイトを探すなら

時給の目安

  • 高い地域:
  • 1,000円〜1,300円

  • 低い地域:
  • 850円〜1,000円

 

各要素パラメーター

年齢層
 若者 年配者
時給
 安い  高い
デスクワーク・身体を動かす
デスク 動かす
短期・長期
 短期  長期
採用の難易度
易しい 難しい
お客様との対話
少ない  多い
アルバイトのスケジュール
 自由  固定

*バイト先によって当然、異なります。あくまで参考値としてご覧ください。詳しくは募集要項をご確認ください

 

採用されやすい人

  • 焼肉が好き
  • 体力がある
  • 接客が好き
  • トラブルが起きても柔軟に対応できる
  • 立ち仕事に慣れている